こんな部屋じゃ恋人も呼べない・・・劇的に捗るお部屋リメイクのメソッド5つ

ずいぶん前から整理整頓に関する片付け本や〇〇収納術、といったジャンルのライフハック誌が人気です。過去に流行語にもなった「断捨離」が広まったことで、お部屋リメイクやDIY、100均アイテム収納などにハマる人が急速に増えました(筆者もその一人です(笑))。しかし、物事には得手不得手がつきもの。お片付け、だ~い好き!という人もいれば、どう頑張っても苦手な人もいます。そこで今回は、恋人を招きたくなる?お部屋リメイクメソッドを5つをご紹介。本格的な冬が訪れる前に、愛の巣を整えておきましょう♪

1.リセットしてベースから始めること

部屋をお洒落にイメチェンしたい、イケてる部屋にしたい!誰しも思うことですよね。ここから入ってしまうと、いきなり欲しいアイテムが追加されてしまい、物が増える原因になります。アイテム先行でのお部屋リメイクは意外と困難。まずは現状をリセットして、ベースづくりから始めることをオススメします。現状のリセットと言えばまずお掃除。日々の生活の中で徐々に増えていってしまった要らない物を捨てましょう。捨てたら当然ですが物が減ります。そうするとお掃除がしやすくなり、これまで気付かなかった汚れにも気付くことができます。また、物が減ったことによりずっと埋まってしまっていたスペースがたくさん蘇ります。「この照明が欲しい」「あんなソファがあれば」と、理想のアイテムを先行させてしまうのではなく、まずはアイテムを受け入れられるようにベースづくりから始めましょう。

2.部屋全体から考えること

いざ部屋のイメチェンをするとなると、ちょっとした小物やお洒落雑貨などピンポイントな項目に走りがちです。そうではなく、部屋全体をまずは考えてみましょう。そもそも、どんなテイストにしたいのか?、どの部分の快適性を上げるのか?、どういったスペースに重点を置くのか?など、大枠からイメージしていくとお部屋リメイクがスムーズに進みます。ピンポイントな項目にばかり目が行ってしまうと、あとあと「あれ?」「そもそも何がしたかったんだっけ?」ということになりがちです。イメージする際には、部屋で過ごす時の行動を想像して優先順位を付けるようにしてみてください。部屋での動線も一緒に考えるとさらに良いかもしれませんね。どんなにイケてる部屋でも、居心地や使い勝手が悪ければ意味がありません。徐々に理想のお部屋を具体化させていきましょう。

3.物の住所を決めてあげる

お掃除が終わって部屋の大体のプランがイメージできたら、次は手元に残った物たちの住所を決めてあげる作業をしましょう。少なくとも何も手つかずの状態だった時よりは物の数は減っているので、そんなに大変な作業ではないはずです。捨てられることなく手元に残った物たちは、愛着のあるものや必要性の高いものが多いはず。そんな大切な物たちひとつひとつに帰る場所として住所を決めてあげることで、今後もその物をより大切にできるだけでなく自然に整理整頓ができるのです。置き場所や片付ける場所ではなく、住所。少し考え方を変えるだけで物への思いも変わるものですよ。

4.新アイテムの投入

ここまで来たら、やっと新アイテムに目を向けることができます。1~3の工程で、収納できるスペースや設置場所が随分と明らかになったはずです。新しいアイテムを買い足す場合にサイズや個数などを誤らなくて済みますし、新アイテム選びもより具体的に考えることができるでしょう。お掃除で泣く泣くお別れした物もあったと思います。新アイテムはちょっと奮発しちゃうくらいの気持ちで楽しく選んでくださいね♪また、恋人がいる人ならここで意見を求めてみるのも良いでしょう。自分の部屋とは言え、いずれ恋人を呼ぶ部屋に一緒に選んだアイテムがあるのは嬉しいことです。ワクワクしながら新アイテムを設置しましょう。

5.完成したら記録、あとは維持するのみ

新アイテムの設置も終わり、お部屋リメイクが一旦完成したらその状態を写メに残しておきましょう。あとあと「最初はどうなってたっけ?」と単純に振り返ることができる便利さもありますが、完成直後はいわゆる理想の状態ですよね。ダイエットに励む人が痩せていた頃の昔の写真を見て奮起するのと同じ意味で、理想の状態を見ることで維持するモチベーションが保てるというわけです。綺麗に片付いた部屋は本当に気分が良く、新アイテムの追加によってしばらくワクワクが続きますが、慣れてしまえばリバウンド・・・なんてことのないように、頑張ってリメイクしたお部屋をキープしていきましょう。


いかがでしたか?いざ「よし!今日こそ片付けるぞ!」と思っても、どのように進めれば良いか分からなければ時間がかかるだけでなく、部屋の散らかり具合が倍増してしまう可能性も。いつでも恋人を招くことができるような、素敵なお部屋を維持してくださいね♪