恋愛テクニックを使う前の心構え5つ

さまざまな恋愛テクニックがはびこっていますが、恋愛テクニックはすぐに身につくものではありません。恋愛テクニックを試してみたけど、うまくいかないと嘆くあなたに、恋愛テクニックを使う前の心構えを紹介します。

1. 恋愛テクニックを身に付けるには時間がかかる

恋愛テクニックを最初から持っている人はいません。見聞きした恋愛テクニックを試し、相手の反応を確かめ、有効なテクニックか判断し、身に付けていくものです。失敗することもあるでしょう。その失敗から何が駄目であったのかを反省することで、恋愛テクニックを磨いていくのです。恋愛テクニックが身に付いている人や恋愛上手な人はたくさん恋愛をしています。恋愛テクニックは、実際に恋愛したり失恋したりすればするほど学ぶことができるのです。

言い換えれば、恋愛経験がなければ、恋愛テクニックは身に付きません。試してみた恋愛テクニックがうまくいかないと嘆かず、何が駄目であったかを振り返り、次に活かしましょう。

2. 恋愛テクニックの最初は、相手を知ること

恋愛テクニックは、マニュアル通りにはいくとは限りません。恋愛は、自分と相手のお互いの性格に依存します。ある人が使うと有効なテクニックでも自分が同じように使うと有効ではなくなってしまうのです。相手や自分のキャラクター特性によって、テクニックの使い方を進化させていかなければなりません。

ということは、恋愛テクニックを使う前に、相手のことを知る必要があるということですね。相手はどんな人が好きなのか、恋愛に積極的な人か、消極的な人か、付き合っている人がいるのか等、相手のことを知ることからはじめましょう。相手を知ることが恋愛テクニックのはじまりです。

3. 恋愛対象でない異性にも好かれるようにする

恋愛対象の相手にいきなり恋愛テクニックを使うよりも異性で少し練習した方がうまくいく可能性は高くなりますよね?

また、特定の人から好かれている人よりも多くの人から好かれている人のほうが魅力的に見えませんか?

むしろ、多くの人から魅力的だと思われていないのに、特定の人からは魅力的だと思ってくれるとどうして思えるのでしょうか?

そのため、恋愛対象ではない女性から好かれる努力をするようにしましょう。

 

4. 異性には駆け引きよりも程よく積極的に

恋愛でよく駆け引きが大事と聞いたことがあるかもしれませんが、駆け引きはあまりお勧めしません。駆け引きは恋愛経験を積まないと分からないことが多いですし、駆け引きで手に入れた相手と、ずっと駆け引きを続けていくのでしょうか?ずっと駆け引きをしていてはお互いに疲れが溜まり、長続きしない可能性が高まると考えています。

駆け引きよりも程よく積極的になることをお勧めします。受身で待っていては、相手も受け身の場合、何も進まなくなるからです。積極的に進めて、相手からの反応が悪くなってきたら、それ以上踏み込まないぐらいで良いのではないでしょうか?

5. 恋愛は悩むよりも楽しもう

恋愛で、悩むことも大切ですがまずは楽しむことを心がけましょう。心配事や不安なことを想像するのではなく、「相手とどこに遊びにいこう」、「何をしたら喜んでもらえるかな」、「誕生日のプレゼント何にしようかな」等と相手の笑顔を想像しましょう。

恋愛がうまくいかず、落ち込むこともあるでしょう。落ち込んだ時は、「好きな人ができて自分は幸せだった」、「貴重な経験が積めたから次に活かそう」等、ポジティブに考えていきましょう。恋愛を楽しむこともテクニックの一つです。


いかがでしたか?恋愛テクニックは簡単に身に付くものではないため、うまくいかないからといって悩む必要はありません。

ほどよく積極的に相手のことを知り、相手の笑顔を考えて行動することを心がけるようにしましょう。