何歳になっても本気で恋愛する6個のメリット

いくつになっても本気で恋愛したい!そう思っている人はけっこういるはず。年齢なんて関係ない!人を本気で好きになって、嬉しくて笑い傷ついて泣いても構わない。今回は、本気で恋愛するメリットをご紹介します。恋愛から遠ざかっている人は特に必見かも?

1.感情表現が豊かになる

本気で好きな人ができ、恋愛すると考えることや感じることが急激に増えます。感受性が高くなると同時に、感情表現が豊かになりますね。喜怒哀楽とはまた違い、好きっていう気持ちや嬉しいって感じたこと、ヤキモチや拗ねたり困らせたりするところなど、本気で恋愛をしている人は本当に感情表現が豊かです。それが刺激にもなるので、恋愛をしているといつまでも身も心も若くいられる秘訣なのかもしれませんね。

2.トレンドに敏感になる

好きな人ができると、ファッションやヘアスタイルにも気を配ります。もちろん、最新のトレンドが気になったり流行を追求したりするでしょう。少しでも良く見られたい、カッコ可愛く見られたいという気持ちは、恋をしていたらいくつになっても同じですよね。これまで調べもしなかった事をチェックしたり雑誌を読んでみたり。トレンドに敏感になることで、外見だけでなくセンスを磨くこともできるので、自然とおしゃれさんになっていくのかもしれません。

3.入念なケアで自分磨き

恋愛していると、お相手と近づく機会もしばしば。お肌や髪だけでなく、お口や歯、ムダ毛などなどいろいろとケアが必要になるものです。恋をしていない時には、大して気にも留めていなかったあちこちのパーツが気になりだし、ケアが徐々に入念になります。自分磨きとは、本当は自分のためではなく、誰かのためのものだと筆者はいつも思います。誰かのために綺麗になりたい、カッコよくなりたい。それこそ恋愛している代表的な症状のひとつではないでしょうか。

4.実は健康面にもメリットあり

身も心も健やかな状態であるためには、規則正しい生活が基本となります。どんなに着飾ってもオシャレをしても、ベースとなる自分の身体が不健康ならキマるものもキマりませんよね。規則正しい生活によって、肌や髪だけでなく、身体そのものが健康的になっていくはず。大好きな人のためにいつも元気で健康に居たいと思うのは、心にとってもメリットだと思いませんか?

5.なりたい自分像を描ける

人間の欲求として、自己実現欲求というものがあります。それは、なりたい自分になること。好きな人のために愛する恋人のために、自分の欠点を受け入れ修正し、なりたい自分像を描く。少しずつでも近づく努力をすることは、自己実現の重要な過程であり、充実した気分でいることができるものです。人間性の自主トレと言えば分かりやすいかもしれませんね。愛する恋人のために、なりたい自分になる。苦手だったことに少しずつ慣れていき、恋人とお互いに尊敬しあえるような自分になる。そんな恋愛って、素敵ですよね。

6.人に優しくなれる

恋愛をしている=誰かと一緒に過ごす時間が多くなる、ということです。恋人と一緒にコンビニへ行く、ドライブに行く、お買い物デートをする。恋人と過ごす時間の中で、恋人以外の人とも接する機会が当然あるでしょう。そんな際にも、接するすべての人に優しく感じの良い接し方ができるようになるのも恋愛中の人の特徴ですね。店員さんに礼儀正しい接し方を心がけたり、運転マナーに気を付けたり。恋人と過ごす時間の中で、人として優しくいようと無意識に振舞うことで、それがいつしか習慣へと変わり、身についていきます。元々は自分をよく見せたいという思いからではありましたが、人に対して感じ良く振舞おうという気持ちは決して悪いことではありません。素敵な恋愛をしている分だけ、人に優しくなれるのかもしれませんよ。


いかがでしたか?思い当たることがあったのではないでしょうか。なんにせよ、恋愛は人間にとって大きなパワーの源です。男女関係なく、本気で誰かを好きになったり恋人を心から愛したりすることは、自分の人格形成にも何かしらの影響を与えていると言えるかもしれません。もっともっと恋をして、もっと素敵な自分を手に入れましょう。